国内No.1となる大学生の為の情報サイト

ガクプロ2019最新版

旅行

大学生におすすめの海外旅行「グアム」~日本から近い南国リゾート

更新日:

大学生に人気の海外旅行に「グアム」があります。

日本から近いリゾート地で、季節を問わず温暖で海にも入れるのが人気の理由です(^_^)/

旅費もハワイほど高くないので、大学生でもバカンスしに行きやいでしょう。

そんなグアムへの行き方や観光スポット、口コミを紹介します!

 

グアムへのフライト

グアムへは成田空港・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港から直行便があります。

飛行時間は3時間40分~4時間ほどで、時差は1時間なので時差ボケもなく過ごしやすいです。

 

大学生におすすめのシーズン

グアム旅行が安いのは、

5月中旬(GW終了後)~7月中旬(夏休み前)、10月~12月中旬(年末年始前)、1月下旬~3月中旬(春休み前)

と言われています。このうちの平日を出発日にすれば、より安くグアムへ行けます♪

当たり前ですが、

GW、夏休み(7月後半~8月)、お盆休み、9月(連休)、年末年始

は高い時期になります。

どのシーズンでも1年中ビーチで泳ぐことができますが、6~10月は雨期、9~10月は台風シーズンになるので注意しましょう( ̄▽ ̄;)

12月~3月は乾季で過ごしやすいので、おすすめです♪

 

大学生におすすめの観光スポット

アルパンビーチクラブ

アルパンビーチクラブは、人気のマリンアクティビティが体験できるマリンクラブです。 バナナボート・ジェットスキー・パラセイリングなどのマリンスポーツが楽しめます。

ビーチチェア・ビーチパラソル・浮き輪・マリンシューズも使い放題で、鍵付きロッカーやシャワールームも完備されていて無料!!

食べ放題のランチもついているので、1日中楽しむことができます。

マリンアクティビティを申し込むと、ホテルとビーチの送迎がついてきます!

 

スリングショット

タモン地区のど真ん中で、逆バンジーが楽しめます。この辺を歩いていると悲鳴が聞こえてくる…(笑)

DFSギャラリアから徒歩2分ほど、ハイアットリージェンシーの向かいあたりにあり、予約不要です。

所要時間も10分程度なので、いつでも気軽に楽しめます。

料金は1人$25でちょっと高いですが、絶叫系が好きな人はチャレンジしてみしょう!

 

グローブ

グローブは、 グアム最大のクラブです。タモン地区の中心にあるサンドキャッスルに隣接しています。

音楽はヒップホップから80年代のディスコ曲まで様々。DJにリクエストもOKです。日によっては日本人が多い場合もあります。

料金はワンドリンク付きで$30で、主要ホテルからは送迎もあります。

グアムではお酒は21歳以上!(20歳以下も入場可能)身分証明書が必要なので、忘れずに!

 

マジックロックシアター

 

5日間で5万円〜10万円程が多く、時期を外せば3万円以下なんていうのもあります

かなり近距離でマジックを楽しめるマジックショーです。口コミがすごく良くて、かなり評価が高いんですよ(^O^)/

日本語を話してくれるので英語でチンプンカンプンということはなく、楽しむことができるショーです。

 

カップルにおすすめの「恋人岬」

こちらはカップルにおすすめの定番観光スポットです。

かけおちしてこの岬から身を投じたカップルの伝説から、「恋人岬」と呼ばれるようになった場所です。

岬からの景観も美しく、この岬にある「天使の教会」は海外ウエディングのチャペルとしても人気です♪

恋人岬の公園中央にある「恋人たちの鐘」をカップルでついて3回ぴったりと音が鳴ると、幸福になれるんだとか…!

実はこ鐘は日本の伊豆にある恋人岬から寄贈なんだそう。

DFSギャラリアからシャトルバスも出ているので、アクセスしやすいですよ。

 

体験談・口コミ

格安で海を楽しめるグアム

私は、大学生の時に初めて海外旅行をしました。その行き先は、グアムでした!

なぜグアムにしたかというと、格安で、海を楽しめるからです!

ハワイも行きたい候補の場所でありましたが、ハワイは予算的に無理だったので、ハワイを諦めて、グアムにしました。グアムへ行ったのは、女友達4人と行きました。

女友達だけで行ったグアムは、最高に楽しい旅でした。

まず、初めての海外旅行で行って思ったのが、降り立ったときに、空気が違うということです。

すごく空が広く感じて、気持ちよかったです。そしてその次に良かったのが、ショッピングをすごく楽しめるということです。

好きなブランドや、また気になるブランドのお店が立ち並んでいて、興奮してしまいました!

また、隣並びになっているので、一気にその場で買い物を楽しめるのが良かったです。私がそのとき購入をしたのは、香水と化粧品です。

どちらも、かなり安くお得に買えるということがよかったです。そのため、全員、香水と化粧品を購入していました。

そしてもうひとつなによりよかったのは、海のマリンスポーツが楽しめたということです。

私は、バナナボートがすごく楽しくて印象的でした!バナナボートは、落とされたりしそうで、かなりスリルがありました。また、パラセイリングも最高で、空高く上がるのが、本当に気持ちよかったです!

トータル的に、グアムはゆったり過ごしやすく、夏らしさわ感じられて、またぜひ行きたいと思える場所でした!

6月1週間だと6万円で行けました

大学3年生の時に友人5人組でグァムに行きました。

大学生という立場からある程度の融通が利くので、6月の平日を利用して1週間の予定で旅行会社を通じて申し込みました。

6月という時期は旅費を最も安く抑えられ、安いホテルを利用すれば6万円程度で旅行を楽しむことができます。

現地での遊興費や食費を含めても、20万円ぐらいあれば十分です。

また、成田空港から2時間半ぐらいで到着できるので、費用面や移動時間を考えると国内旅行と大きな違いはありません。

現地は日本人観光客が多く、日本語が通じるので言語に不安を感じる必要はありません。

食事も現地ならではの特産品もありますが、日本でも食べられる料理も多く用意されています。

グァムはマリンリゾートで、一番の魅力は日本では体験できない澄んだ海です。

多くのホテルがプライベートビーチを所有しており、気軽に無料で利用することが出来ます。

個人でプランを作成して行動することも可能ですが、オプショナルツアーを利用することでグァムの魅力を満喫することができます。

バナナボート、ジェットスキー、潜水艦への乗船など様々なツアーが用意されていますが、私が気に入ったのは軍の施設を通り抜けた場所にあるプライベートビーチでした。

澄んだ海と砂浜の景色だけで十分に日常からの開放感を得られますが、簡易的なシュノーケルを使って海に潜った時の感激は忘れることができません。

水深は1メートルほどですが、潜ってみると水族館でしか見たことのないような熱帯魚が数多く泳いでいます。

砂浜ではビーチバレーを楽しむ楽しそうな声が響き渡っていますが、自分だけは幻想的な別世界に入り込んだようで、まるで水族館の水槽の中を泳いでいるような感覚でした。

ビーチではバーベキューも楽しめ、暑いグァムの土地柄と相まって最高の空気の中でビールとともに美味しく食べることができました。

マリンリゾートが中心のグァムですが、ショッピングも楽しめ気軽に手頃な価格で訪れることのできる海外旅行の一つです。

-旅行
-,

Copyright© ガクプロ2019最新版 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.