国内No.1となる大学生の為の情報サイト

ガクプロ2019最新版

旅行

大学生に人気の海外旅行「カンボジア」~物価が安い!ボランティアツアーもおすすめ

投稿日:

大学生に人気の海外旅行に「カンボジア」があります。

アジアの中でも世界有数の分か、歴史、自然が残る国で、日本人観光客も多い国です。

物価がとても安いので、旅費だけでなく現地で使う費用も安く抑えられます。ペットボトルの水なんて10円20円ので買いですからね。

だからこそ、大学生に人気の旅行先でもあるんでしょう♪

そんなカンボジアのことを紹介します(^^)/

 

カンボジアに行くベストシーズンは?

カンボジアのあるインドシナ半島は、1年中30℃を超す暑さの国です。ずっと日本の夏のような感じ。

その中で大学生におすすめの時期は、乾季で気温も低めの11月~1月です。また、5月~8月頃は日が長いので1日中観光できる季節でもあります。

この中でテストや実習のない期間が良いでしょう。

カンボジアの季節は乾季と雨期があり、乾季は11月~5月、雨期は6月~10月と言われています。

日本人観光客も多く、プノンペンやシェリムアップのような観光客の多い都市なら英語も通じます。(カンボジアはクメール語)

カンボジアはスコールが多く、短時間にザザーっと降って終わりです。

雨期だと毎日スコールがあるので、折り畳み傘は持っておいたほうが良いかもしれませんね。

 

カンボジアまでのフライトは?

カンボジアで一番大きな国際空港は、プノンペン空港です。

直行便は、成田空港からのみ出ています。時間は6時間半ほど。

その他の空港からの場合は、乗換えが必要となります。

 

 

大学生にはボランティアツアーもおすすめ

H.I.S.などの大手旅行会社には、王道の観光ツアーだけでなく、「スタディツアー」といったボランティアツアーも発売されています。

NPO法人の現地活動を訪問してカンボジアの貧困問題について考えたり、孤児院や小学校に行って現地の子供たちと触れ合ったり。

日本では体験できないようなことを、肌で感じることができます。

その中には、アンコールワットや寺院の見学などの観光する日を設けられているツアーも多いです。

将来教育現場で働きたい大学生や、国際問題を勉強をしている大学生にはかなりおすすめです!

大学生のうちに何かやりたいこと見つからない・・・なんて人にもおすすめ!何か自分のなかで変わるかも?

 

見逃せない観光スポット

アンコールワット

カンボジアといえば、アンコールワットですね。遺跡にまったく興味のない人以外は行った方が良いです♪

高校の授業で絶対に習っているはずなので、大学生なら記憶がまだあるかと…。

治安が良地域ではないので、ツアーで行くのがおすすめです。現地ツアーもあるので、カンボジアに着いてから予約づるのも良し。

朝日や夕日の時間帯に合わせて鑑賞するのも良いですね。

 

タ・プローム

こちらも人気の遺跡です。自然に侵食された独特の雰囲気で、気にいる人も多い遺跡なんだとか。

日本人観光客には「天空の城ラピュタ」の世界観と言われています。

アンコールワットからトゥクトゥクで行ける距離(7~8キロ)にあります。

 

口コミ・体験談

大学3年の時、初めて一人で海外旅行に行きました。

場所はカンボジアに行き、観光兼ボランティアツアー5日間というのに参加しました。

カンボジアには10月に行ったので暑くないだろうと思い半袖をあまり持って行きませんでした。

しかし予想は外れ、もの凄く暑くて一日に3回もシャワーを浴び着替えました。

そのため洋服が足りなくなり、何度も服を買いに行きました。

私自身一人参加だったので初めはもの凄く不安でした。

しかし一人参加の方も多く、その方達と仲良くなり一緒にご飯を食べにも行きました。

メニュー表はクメール語で読めないしどこで食べようか迷っていた時、店内で食べていた知らない日本人の方が「ここ美味しいよ」と声をかけてくれました。

その言葉につられてレストランに入り、無事注文完了。

食べ終わり帰ろうとしたら注文していない料理がいきなりきて、店員さんに頼んでない事を伝えました。

するとさっきの日本人の方が「それ美味しいんだよ!俺らの奢りだから食べて」と。

すごく気さくで明るい方で海外で日本人の優しさ暖かさを知りました。

ボランティア活動では、ゴミ山を見に行きました。大学では国際協力を専攻していたのでゴミ山問題等の授業を受けていました。

実際にこのゴミ山を見て現状の深刻さを知り、今自分できる事は何かを考えることができました。

そして、自分がどれほど幸せな環境で暮らせているのかを改めて実感しました。

他にも孤児院を訪問し、子ども達と一緒に建設作業の手伝いをしました。

また、日本から持ってきた折り紙や縄跳びで子ども達と一緒に遊びました。

とても喜んでくれとても嬉しかったです。

子どもの笑顔は国関係なく素敵だなと感じました。

観光では、アンコールワットを一日中観光しました。

今思うとこういった体験を社会人になってからしようと思うと中々時間も取れないし大学時代にしか出来ない事だったのだなと感じます。

この旅行を通して一人で海外に行くことで行動力をつけることができ、様々な問題にふれ自分自身視野を広げることができ大きく成長できたなと感じます。

-旅行
-,

Copyright© ガクプロ2019最新版 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.