国内No.1となる大学生の為の情報サイト

ガクプロ2019最新版

アルバイト

大学生におすすめの「工場」のアルバイト~社交性に自信がなくてもコツコツ仕事ができればOK!

投稿日:

大学生におすすめのアルバイトに「工場」でのアルバイトがあります。

大学生のアルバイトと言っても、華やかなものばかりではありません。

社交性やコミュニケーション能力に自信がない大学生でも、正確に確実に物事をこなしていく能力に自信があればOK!

そんな工場アルバイトのことを紹介します(^^)/

 

仕事内容

仕事内容は、

製造、組み立て、梱包、検品

が主になります。

工場のアルバイトと言っても、内容は様々です。食品・自動車・印刷などの各種工場で作っているものにもよりますし、担当も色々ありますので。

食品関係の工場なら、清潔が第一!作業服、キャップ、マスク、手袋を着けて仕事をします。

これに限らず、工場のアルバイトは作業着を貸してくれるところが多いです。

工場のアルバイトと聞くと重労働で過酷な環境なんじゃ・・・なんてイメージする人も多いかもしれません。

しかし実際は、だれにでもできるような簡単な内容のアルバイトが多いんです。

職場にもよりますが、同じことを繰り返す単純作業をして、集中していれば大丈夫な感じです。

面倒な人間関係を避けたい・コミュニケーションを取りたくないような人でも安心です(^O^)/

 

メリット・デメリット

メリット

工場のアルバイトには、高収入・日払の場合が多いです。

ですので、学校が忙しくてなかなかシフト制のアルバイトができない大学生や、早く現金が手元に欲しい大学生におすすめです。

また、短期の募集もよくありますよ。

24時間稼働している工場も多いので、自分の好きな時間帯に働きやすいのもメリットですね。

デメリット

単純作業なのでやりがいを見出すのは難しいです。接客業のように「ありがとう」と言われる仕事でもないですし。

また、長期で続けたとしてもその後に役立つスキルや知識が身につく可能性は低いです。

 

口コミ・体験談

ファミレスの工場

私は大学生の時、ファミレスの食事を事前に作る工場で働いていました。(ここで作ったものを、レストランでは温めて提供する。)

始めたきっかけは、高校3年生の二学期後半に推薦入試に合格し、親からバイトの許可が出た時、「高校生可のバイトで時給が高いもの」を探していたからです。

そこでは早朝勤務だと時給が上乗せで、基本給は1時間800円ですが、朝は年齢経験関係なく900円でした。

工場内はいくつもの「ライン」と呼ばれるグループに分かれていて、私は加熱(つまりは実際に調理する)グループに入りました。

他には、調理前に材料を計量するグループや、完成したものを発送するグループなどがありました。

同じグループでは毎回、作るものが決まっていて、私はいつもスープやカレーを作って、1食分ずつ袋に詰めるという作業を主にやっていました。

学生なので学業優先と思っており、週末や長期休みのときだけのシフトを組んでもらっていました。

いつも、ほとんど希望通りに働くことができました。一回のバイトで5時間〜6時間勤務し、時々グループ長から残業を頼まれたりしました。

食品加工工場なので毎回、貸与の白衣上下と帽子を着用、帽子の下には使い捨てのシャワーキャップのようなネットで髪の毛を覆う必要がありました。

よって服装・髪型・髪色などは自由でした。

この仕事をやって見て、ファミレスの裏側を知れたし、お客さんとして店に行く時に、職場の様子や、いつもそれを作っている仲間の顔が浮かんできて、より一層ありがたく思いながら食事をすることができました。

当時の私にとって時給も高かったし、シフトの融通もきいて、結局トータルで4年半ぐらいお世話になりました。

 

小さな町工場でのアルバイト

自宅から約10分のところにあった小さな町工場で、基盤にICチップを半田付けするアルバイトをしていました。

その会社はアルバイトを募集していなかったのですが(正確にはパートのおばちゃんを募集していました)、私が求人広告を勘違いし、応募したところ、「アルバイトは募集していなかったけど、人手が足りないから仕事をしたかったらおいで」と言われ、働き始めることになりました。

職場はおばちゃんだらけでした。

時間は、おばちゃんは9時から16時まででしたが、私は通常、17時まで仕事をさせてもらいました。

おばちゃんは16時で皆さん帰ってしまうので、16時以降は社長と二人で仕事をしていました。

時給は確か700円くらいでした。

すごく低かったのですが、仕事内容が面白かったので特に不満には思いませんでした。

ただ、このような作業は低コストでできる東南アジアにドンドン移行し始めているためか、あまり儲かっている感じはしませんでした。

半田付けする基盤は親会社から午前と午後の2回配送されてくるのですが、たまに全く配送されてこない時もありました。

私は仕事がなく、楽でした。

おばちゃんたちもそういう時はお茶菓子を広げお喋りに勤しんでいました。

なお、職場には社長と私しか男性がいなかったので、お茶菓子は山のように食べさせてもらいました。

ただ、私たちが休んでいる時も社長だけが仕事探しにオロオロしているときもありました。

何回か、「今日は仕事がないので、午前は休んで良いよ」と肩叩きをくらったこともありました。

こんな会社でアルバイトさせてもらって良いのかな、と思い、社長に「僕、不必要なら首にしてくださって良いですよ」と言ったこともありました。

ただ、社長は「学生の君に変な心配かけてごめんな。仕事ちゃんと取ってくるよ」と言ってくれました。

結局勉強が忙しくなり3カ月くらいだけ仕事をしました。

辞めるときは少しお小遣いをもらい、「またいつでもおいで」と声を掛けていただきました。

-アルバイト
-,

Copyright© ガクプロ2019最新版 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.